So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

ESET Cyber SecurityによりMicrosoft AutoUpdateがエラーとなる問題

MacにESET Cyber SecurityをインストールするとMicrosoft AutoUpdateで更新サーバに接続できなくなりMicrosoft Officeの更新が出来なくなる不具合の対処方法。
下記サイトを参考にして、/Library/Application Support/Microsoft/MAU2.0/Microsoft AutoUpdate.appをWebアクセス保護機能の検査対象から除外する。これでUpdateができるようになります。
http://eset-support.canon-its.jp/faq/show/1579?back=front%2Fcategory%3Ashow&category_id=26&page=1&site_domain=private&sort=sort_access&sort_order=desc
対象方法は簡単なんだけど、これMicrosoft Officeの更新処理だからデフォルトで除外にしといて欲しかった。




郵便番号から住所を補完(Ajax)

郵便番号から住所を自動補完する方法
public/jsonzipディレクトリに別記事<郵便番号から住所自動表示用の郵便番号3桁毎のJSONファイルを作成する>で作成したjsonファイルを置いてください。

viewに記述する。

Controllerに記述する。



郵便番号から住所補完(JSON作成)

日本郵便のサイトhttp://www.post.japanpost.jp/zipcode/dl/kogaki/zip/ken_all.zipからKEN_ALL.CSVをダウンロードする。

ダウンロードしたCSVファイルの文字コードをUTF8に変換する。
#nkf -w KEN_ALL.CSV

事前に./dataディレクトリを書き込み可能にしてから、perlファイルの作成実行をしてください。

これで最新の郵便番号3桁毎のJSONファイルが取得できます。

補足)perlの知識はほとんどないのでプログラムは雑ですがちゃんとjsonファイルの作成はできます。

zendframework2のZend\Captchaを利用した画像認証

Controllerファイルに記載


htmlファイルでのinline処理がうまくいかず表示がぐちゃぐちゃになるので、あえてこのように細かくコーディングした。

(Viewに記載)


画像認証処理をzendframework1からzendframework2へ移行するには、ほぼ全コードの書き換えが必要になります。


ZF1からZF2へ移行

現在稼働中のzendframework1のWEBアプリをzendframework2にアップグレードする。
zendframework3が正式リリースされたけど、あえてZF2を選択。

下記はZF1からZF2へのアップグレードに必要な変更点一覧。

・画面遷移(リダイレクト、フォワード、GET、POST)
・画像認証(Captchaクラスの変更)
・ajax(2ではZend\Dojoがなくなってる)
・ページング処理
・DBアクセス方法(TableGatewayによるO/Rマッピング)
・SQLの記述方法
・viewで使用できる関数
・メールの送信方法(文字化け対策含む)
・サービスマネージャーを中心とする処理

1と2では全く違うフレームワークといっていいほど違いがある。設定ファイルを含めて約8割ぐらいのソースコードの書換えが必要になる。

前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。